左官工事

熟練した職人による多様多彩な左官技術

左官工事はシバマタの仕事の中でもベースになる部分です。

技術自体は奈良時代からありますが左官の名前は桃山時代から使われるようになりました。職人の感覚に任せるところが多く、熟練工の経験や技術が必要になります。

シバマタでは低層住宅から高層住宅まで、また古来の技術をカバーできるように体制を整えています。




土壁や漆喰を用いた天然素材を使用するので、湿度を調整したり、脱臭効果があります。また、ホルムアルデヒドなどへの対策として珪藻土は子ども部屋の壁材にも良く使われるようになっています。近年再び評価が高まっている仕事です。

二代目として親から引き継がれた職人の気質、仕事へのこだわり、多用多彩な現場への対応、時には設計段階から関わりいろいろなアイデアを提供します。

左官工事は職人の技術に左右される工事です。シバマタは下地から仕上げまで確かな技術をもって現場を支えます。


Copyright© 2019 株式会社シバマタ All Rights Reserved.