防水工事

建物にあわせた最適な防水補修

『漏水』とは耳にしたくない言葉の一つです。

昔、内装リフォームの仕事をしていた社長さんが言ってました。
どんなにお金を掛けて立派な建物を、高価な調度品を兼ね備えた家でも、雨が降るたびに治らない漏水に悩まされるとすれば、そんな家主としてそんな情けない事は無いだろう、と。

複雑な造りほど漏水の犠牲になりやすいものです『シンプルイズベスト』という言葉が有りますが、とかく意匠に凝った外観、内装があり、またそれは一度漏水になると、改善工事がなかなか決着が付きません。

左官工事からこの世界に入っている経験から躯体健物の構造体)の造り、特徴、弱点といった見極めが必要とされる場に数多く立ち会って参りました経験から、最適の補修、アフター対処の予測までの全体的な構築を工事の本旨に据えて日々、職人と手法を磨いていく所存です。





木造、鉄骨、または鉄筋造であろうと、建物はどれもシールというもので納められています。

窓廻り、外壁を形成するモルタル、ALC板また鉄筋コンクリートには、心ずシールが廻っています。要するに繋ぎです。それは地盤に乗る限り永久に動くものです。

10年も経過すれば硬化してひび割れたりして雨水の侵入を免れません。つまリウィークポイントなのです。木造の塗装工事では、ややもすれば予算からエ程から外されもします。

お施主様には、診断内容によってはこの点を重要視して戴くプレゼンテーションに最もエネルギーを使いもします。それ程重要だからです。

設計コンサルタントが指導するような大規模な改修工事ならごく当たり前の事なのチラシで売り出すような戸建の塗装はこの点を軽く見ることがあるようです。


Copyright© 2019 株式会社シバマタ All Rights Reserved.